死後の手続き

ここでは死後の事務手続きについてご説明いたします。

死後の事務手続きは「死後事務委任契約」という契約書を作成して、死後も法的に有効に扱われるように取り決めを行います。

死後事務委任契約では、主に「葬儀・供養」について明確にしておく場合が多いのですが、死後の事務をすべてお願いしたい場合には、下記のような内容をすべて専門家に依頼することが可能です。

  • 死亡届、火葬埋葬許可の届出
  • 相続社の手配、供養(納骨)先の手配
  • 行政への各種手配(年金を止める、介護保険の被保険者証を返すなど)
  • 老人ホームなど施設の家財の処分
  • 携帯電話、キャッシュカードなど身の回りのものの処分

依頼いただく場合は、必要経費を財産管理口座(信託口座など)にて予め預け入れいただく必要があります。まずはお気軽にご相談ください。

死後の手続きについて

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

無料相談実施中!

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス

アクセス

  • 事務所
    行政書士・司法書士事務所
    香川県高松市丸亀町13番地3
    高松丸亀町参番街東館6階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別