相続トラブル

一生に何度も訪れるものではなく、その一度で膨大な財産を相続できるかもしれない、もしくは膨大な借金を背負ってしまうことになる可能性もある、人生に大きな影響を与えるのが遺産相続です。金銭が絡み、その上人間関係も絡んでくるので、相続トラブルに発展してしまうケースも少なくありません相続トラブルに発展する原因は多岐に渡りますが、相続前は仲の良かった家族や親戚でも、相続後には遺産を巡って争ってしまい、不仲になってしまう、最悪絶縁という事にもなりかねないのです。

自分たちの遺産相続がトラブルに発展してしまった、もしくは発展しそうな場合、専門家である第三者が間に介入することによって、問題スムーズに解決することもあります。それでも解決しない場合には、調停だ!審判だ!といった家庭裁判所での決定になってしまいますが、できる限り裁判をせずに、家族、親族同士の話合によって解決できればそれに越したことはありません。

では、相続トラブルにはどういった要因が引き金となっているのでしょうか。下記をご覧ください。

  • 身勝手な内容の遺産分割協議書が送られてきて、署名・押印を求められている
  • 兄弟間で話し合いが進まない(意見が合わない)
  • 一部の相続人が財産を隠している(開示しない)
  • 一部の相続人が財産を使い込んでしまっている
  • 遺産分割に応じてくれない
  • 遺言の内容に納得できない
  • 相続人に、後妻、非嫡出子、養子など関係の薄い人がいる
  • 相続財産が不動産のみで預金がほとんど無く、相続人全員での分割が難しい
  • 全く相続における権限のない親族が遺産分割に口を出してくる
  • 相続財産に借金が多く、遺産分割が整理できない
  • 相続税が発生するが、納税する為の現金が誰も用意できない

上記のような事が原因で相続トラブルに発展してしまうケースが多くみられます。

相続トラブルに発展してしまっている場合には時間が経てば経つほど、ややこしく、厄介になってしまうケースが多くみられます。 相続トラブルに発展しそうという場合にはできるだけ早いタイミングで、まずは専門家にご相談されることをお勧め致します。

協議分割を目指す場合、問題解決に向けた手続きのご相談は当センターにご相談ください。 裁判所や代理人を依頼して、問題解決を目指す場合は弁護士の先生にご相談ください。

相続トラブルについて

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別