遺産分割が兄弟間で進まない

相続トラブルの原因の一つとして、遺産分割が、兄弟間で進まない!というケースも少なくありません。

兄弟間いがいでも親族間で、遺産分割が進まないというケースもあります。家族でありながらも、皆それぞれの事情がありますので、考え方や価値観にズレが生じてしまうのは仕方のない事です。

しかし、話合いがうまく進まない原因として、財産を隠されてしまうといったケースもあります。下記をご覧ください。

  • 相続財産を開示してもらえない(隠されている)
    被相続人の介護をしていた相続人が、被相続人の現金・預金などを全て管理していたため、他の相続人に財産の全貌を開示しないといった問題です。これは、兄弟や親族間で遺産相続が進まない、典型的なケースです。このような場合は介護をしていた相続人が介護や葬儀の費用以外に、私的に相続財産を使い込んでしまっている事も多く、それを隠すために財産の開示をしないといったケースが多いのです。

上記の場合には、相続人は、介護をしていた相続人以外でも被相続人の財産を調査する事が可能です。ですから、まず財産調査を行いましょう。

万が一ご自身で財産を調査することが難しいという場合には、私たち法律家は、プロとして大半の財産を専門的な手続きを通じて調べることが出来ます。遺産分割が兄弟間(親族間)で進まない場合には、まずはご相談ください。

 

 

相続トラブルについて

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別