相続財産を隠されている

相続財産を隠されているというケースでは、隠されている相続人の方から話を伺うと、「相続財産は全く残っていない」、「500万円の預金は全て葬儀費用で支払ってしまった」、「弁護士に相続手続きを全て依頼したと言われ、その後半年以上も連絡が無い」と相続財産を隠している相続人に言われてしまい、手立てがないというケースがほとんどです。

500万円を葬儀費用として支払った?!

この葬儀費用に預金を使い果たしてしまったと言われてしまった場合。500万円もかかるなんてどんな大規模な葬儀だったのか?という疑問があります。一般的な1日葬の家族葬の場合、50万円前後程度です。会食を行ったとしても10名でしたら、掛かっても10万円ほどです。つまり、500万円も葬儀費用で掛かるハズがありません。150~200名ちかい参列者がある、地域の名士が総出で駆けつけるような葬儀でしたら話は別ですが、一般的な葬儀であれば、そうそう500万円はかかりません。

葬儀費用に500万円を支払ったといいはる場合には、葬儀費用の領収書の提示を求めましょう。
 

弁護士に相続手続きを依頼したと言われた

何かと問題に発展しそうになると、「弁護士依頼した」という発言をするケースがありますが、弁護士に依頼したといえば相手が怖気づいてしまい、何も要求してこないと思っているのでしょう。しかし、本当に弁護士に依頼していた場合には、利害関係のある相続人全員に「相続人○○の代理人となった」という旨の”受任通知”が届きます。弁護士は相続人全員の代理人にはなれませんので、依頼した相続人以外のところにはそういった受任通知を相続人全員に発行するのが原則です。

万が一、受任通知が届いていないという場合は、弁護士に依頼したというのは真っ赤な嘘で、相続財産を勝手に使い込んでいる可能性が非常に高いです。

 

相続トラブルについて

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別