遺産分割協議書について

遺産分割協議書とは、相続が発生した際、残された遺産をどの相続人がどれだけの割合で受け取るのかといったことを明確するために、相続人全員の合意のもとで作成する書類になります。

遺産分割協議書は、被相続人が生前所有していた不動産・預貯金・負債等、全ての遺産に関しての分け方を記載し、法定相続人それぞれが一部ずつ保管します。また、遺産分割協議書は相続財産の名義を変更する際にも必要になります。

遺産分割協議書の書式

遺産分割協議書を作成する際に、法律で定められているような書式はありません。しかし、下記に挙げる項目に注意して作成することが必要です。

  • 法定相続人全員で協議をする
  • 法定相続人全員が署名・実印の押印をする
  • 印鑑証明書も添付する
  • 不動産は住所でなく登記簿どおりの表記にする
  • 銀行口座は支店名・口座番号まで記入する
  • 遺産分割協議書が数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で割り印する

当相談室では、初回の相談無料で、遺産分割協議書の作成サポートも行っております。 是非お気軽にご相談ください。

遺産分割について

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別