不動産の名義変更

ここでは相続における不動産の名義変更について解説いたします。

被相続人が所有していた財産の中に不動産(土地・建物)がある場合、そのまま放置しておくと場合によってはトラブルを招いてしまう事もありますので、不動産を相続する相続人が決まったら、不動産の名義を相続人の名義に変更する手続きをしましょう。

相続における不動産の名義変更は、相続登記といいます。この相続登記に期限は無いので放置されるケースもありますが、そのままにしておくといざ不動産を売却しようとなった際に、名義が被相続人の名義のままの為に手続きがスムーズに出来なくなってしまいます。また、放置したままの状態(名義が被相続人のまま)で二次相続が発生してしまうと、厄介な事になってしまいます。

不動産の名義変更は、遺言書で指定してある場合でも、遺産分割協議によって相続する者が決まった場合でも、速やかに手続きを行うことをお勧めいたします。

不動産の名義変更?相続登記?とまず何をどう着手したらよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

当事務所の相続の専門家が、相続登記を丸っとお手伝いすることも可能です。相続における不動産の名義変更なら、お任せください!初回は無料でご相談をお伺いいたします。

不動産の名義変更 関連項目

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

「生前対策まるわかりBOOK」に香川の専門家として紹介されました

生前対策まるわかりブック

当相談室を運営しております司法書士・行政書士 香川法務事務所が「生前対策まるわかりBOOK」に香川の専門家として紹介されました。

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別