中古マンションを手放す場合の注意点

中古マンションを売却する際に気を付けなければいけないことの一つに、瑕疵担保責任の存在があります。

 

瑕疵担保責任とは

買主が中古マンションを購入時に知り得なかった瑕疵※が購入後に判明した場合、売買契約に基づき損害賠償や物件の補修の責任を売主が負うことです。
※いわゆる欠陥などのこと。

瑕疵担保責任は、買主の合意により責任を放棄することも可能(ただし、売主が宅建業者以外の場合)ですが、そのような合意をする買主はほとんどいません。 不動産の購入は大きな買い物ですから、これは当然といえます。
そのため、瑕疵担保責任に期限を設けるのが一般的です。この期限を超えた場合は原則として損害賠償の請求などは求められることはありません。
ただし、売主が売却前に瑕疵を分かっていながら買主に告げなかったなどの場合には、期限を超えても損害賠償を求めることが認められます。

 

不動産売買の契約時に瑕疵担保責任についての取り決めを行っていなかった場合、原則として「物件の引き渡し後10年以内」は瑕疵担保責任を負う期間とされます。
のちのちのトラブルへ発展しないためにも、買主と瑕疵担保責任について話し合い、契約に含めるようにする必要があります。

 

 

不動産評価・売却について

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別