戸籍収集と相続人の調査

誰が法定相続人かどうかを調査することを「相続人調査」といいます。

相続人調査をするにあたっては、故人さまの出生からお亡くなりになるまでの戸籍を全て取得することが必要不可欠となります。

それを怠ると、後から予想外の相続人の存在が判明して、せっかく行った遺産分割協議が無効になってしまい、また一からやり直すことになってしまうなど、無用なトラブルを招くことになりかねません。

特に、認知された子がいないかどうか等を戸籍を収集してしっかり調査する必要があります。
「隠し子なんていないから大丈夫。」「家族のことは大体わかっているから。」と楽観視せずに、戸籍収集を通じてしっかりと相続人の確定をしましょう。

ただし、どのような戸籍を集めるか等は専門的な知識が必要となる場合も多いので、戸籍収集でお困りの方は是非行政書士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。

相続手続きについて

  • 無料相談
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所概要
電話番号

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別